ニュースリリース

ロンドンで開催されたThe Global EdTech Startup Awards世界大会で優勝しました。

gesawards-2017-global-arcterus-1 (1)

弊社は2018年1月23日に開催された、EdTechスタートアップ企業を対象に行われる世界最大のコンペティション「The Global EdTech Startup Awards (GESA) 2017」のロンドン本大会に出場。優勝したことを発表いたします。

【The Global EdTech Startup Awards (GESA)とは】

The Global EdTech Startup Awards (GESA)とは、世界10カ国の地域予選を勝ち抜いたスタートアップ企業が集う、世界最大のEdTechコンペティション。第4回目となる今年は、世界70カ国以上の国・地域から2000以上のスタートアップ企業が参加し、予選を勝ち抜いた18社が、ロンドン本大会への出場権を手に入れました。

弊社は、2017年12月13日(水)~14日(木)の期間に開催された初の日本予選で最優秀スタートアップに選出され、ロンドン本大会への出場権を獲得。そして、2018年1月23日に開催されたロンドン本大会で、英国、イスラエル、欧州、米国の投資家および教育業界の著名人が審査員を務める中、日本企業初となる優勝を果たしました。

DSC_1391

尚、優勝特典として、教育エコシステムにおける世界展開のサポートや、PR支援、メンターシップやビジネス支援の機会の提供を受ける予定です。

The Global EdTech Startup Awards (GESA)公式ホームページ
https://www.globaledtechawards.org

【GESA ロンドン本大会で登壇した新井のコメント】

DSC_1572

「私たち、アルクテラスは『日本を代表して世界で輝けるEdTech企業を作る』ことを目標にプロダクト開発を行なってきました。今回のGESA参加の目的は、アジア圏で受け入れられているClearが世界の他の地域でも通用するのかを確認することでした。

表彰後、何人かの審査員から聞いた話では、審査は圧倒的多数で「日本のアルクテラスがNo.1」という意見だったそうです。自分自身、英国で幼少期を過ごした中でアジア人が欧米で生きることの大変さを子どもながらに感じていましたが、日本で生まれた「Clear」が英国の地で開催された世界大会で優勝することができ、とても嬉しく思っています。

Clearは、世界における学習機会の格差をなくす可能性を秘めています。アジアの学生は、学習塾での学習時間が長いと言われていますが、実際には地理的、経済的理由で塾に通えない学生が半数もいます。

そんな塾に通うことができない学生でも、無料で楽しく学べるサービスとしてClearを提供をしています。いわば「教育の分散化(Decentralization)」、学ぶ人と教える人を分散化することで、そのような環境の構築に成功しました。

優勝という結果は、私たちがヨーロッパ圏においても学習の課題を解決する可能性を示しました。アジア圏に続き、ヨーロッパ圏、オセアニア圏への展開を行い、世界展開を計画していきます。

日本の小さなスタートアップ企業が、こういう形で世界に認められる事例を、他のEdTech企業の世界展開の轍にしたいとも思っています」(アルクテラスCEO 新井)

今後もすべての学習者の可能性を引き出すべく、多くの学習者によりよい学びを提供するプロダクトの提供を進めてまいります。