ニュースリリース

clearが提案する主体的な学習法「魔法のノート」学生たちの実践ノートを公開!

弊社は東京都立武蔵高等学校・附属中学校の英語教諭で「教えない授業」を推進する、 山本崇雄氏協力のもと、 『魔法のノート』と題した主体的な学習が自然と身につくノートの取り方を公開。

中高生ユーザーに対して募集した『魔法のノート』の考え方に基づいたノートを一部公開いたします。

009

【最優秀賞】高校2年生『海陸風と季節風と偏西風にはどのような「違い」があるのか。』

010

【優秀賞】高校1年生【魔法のノート】

011

【最優秀賞】中学生『綱吉さんの政治』

012

中学生『絶対王政が行われたことで人の生活はどう変わったか。 』

013

■『魔法のノート』考案者 山本崇雄氏のコメント みなさんのノートは、 一つとして同じものはありません。 つまり、 一人ひとり学び方は違った方が面白いのです。 人と違うことを楽しみながら、 知識が深まっていくのです。 Clearに投稿すると、 「こういう問いもあるのか」「こういうまとめかたはいいな」と様々な感想が生まれるでしょう。 「いいな」をぜひ自分の学びに取り入れてください。 My Questionもおもしろいものがたくさんありました。 今回、 優秀賞に選んだノートの問いは、 「答えが広がっていく問い」です。 つまり、 答えが一つでないものです。 問いをWhy(なぜ)で考えると簡単に思考が広がっていきます。 ぜひWhy(なぜ)でMy Questionを考えてみてください。 皆さんのノートからは付箋を使ったり、 色使いを工夫したりと僕も「なるほど」と感心するものがたくさんありました。 ぜひ、 みなさんも「魔法のノート」に挑戦してみてください。

ニュースリリース詳細 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000028948.html