2016年

  • 2016/11/22

    Z会グループ・朝日学生新聞社との資本業務提携締結のお知らせ

    アルクテラス株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:新井 豪一郎、以下 アルクテラス)は、株式会社増進会出版社(本社:静岡県駿東郡、代表取締役社長:藤井 孝昭、以下 増進会)および株式会社朝日学生新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:脇阪 嘉明、以下 朝日学生新聞社)と資本業務提携を行います。アルクテラスのノート共有アプリClear(以下、Clear)内で受験生向けにZ会グループと朝日学生新聞の教材と情報を活用した学習サービスを提供し、受験生の志望校合格をサポートします。

    【各社の強み】
    アルクテラスはアダプティブラーニングの理論、テクノロジー、運営する教育機関の現場から得られる知見に基づき、個々の学習者にとって最適な学習体験を提供しています。Clearは自分の手書きノートを公開したり、他のユーザーが公開したノートを使って学習したりすることで、楽しく効果的に学ぶことができ、学習アプリとして日本屈指となる100万を超えるユーザー数を獲得しています。
    Z会グループは、「最高の教育で、未来をひらく。」というグループ理念のもと、通信教育、教室、書籍、模擬試験、アセスメント、ICTを使った指導サービスまで、幼児から大学生・社会人に至る幅広い年齢層に提供しています。
    朝日学生新聞社は、朝日中高生新聞、朝日小学生新聞を発行し、学生向けにニュース解説、受験勉強に役立つ記事、キャリア教育記事などを提供しています。国内で学生向けとしては発行部数の多い新聞社の一つです。


    【資本業務提携の概要】
    Z会グループとの業務提携では、Z会の学習コンテンツをアプリ内で解くことのできる学習サービスをClear内で提供します。個々のユーザーの学力レベルに合わせて問題を提示すると同時に、不明点はClearのノートやQ&A機能で解決することで学習のモチベーションを向上します。
    朝日学生新聞社との業務提携では、同社の持つ学習方法や受験問題等に関する情報をClear内で配信し、学力向上と受験勉強をサポートするサービスを提供します。適切な情報を見やすい形でまとめて、志望校合格を応援することを目的としています。
    両サービス共、2017年4月以降の提供開始予定です。
    またアルクテラスは、今回の業務提携に合わせてZ会グループの増進会と朝日学生新聞社を対象に1億1千万円の第三者割り当て増資を行います。


    【提携の背景】
    100万人を超えるユーザー同士が積極的に学び合うClearの学習コミュニティとZ会グループおよび朝日学生新聞社の教材とコンテンツを組み合わせることで、自発的で質の高い学習体験を実現することが可能になります。効果的な学習を通じて世界で活躍できる人材の育成に貢献することを目的に業務提携を締結することとなりました。


    【Clearの今後の計画概要】
    Clearは現在、日本、タイ、台湾、中国の小中高大学生約120万人に楽しく効果的な学習体験を提供しています。
    今後、アジアを中心に提供国を増やすと同時に、今回の日本国内での資本業務提携による実現する学習サービスの形を他国にも応用していきます。

  • 2016/06/17

    【Clear】代ゼミ講師のノート術を「Clear」で公開します

    アルクテラス株式会社は学校法人高宮学園 代々木ゼミナール(本部:東京都渋谷区/理事長:高宮英郎/以下、代ゼミと表記)と提携し、勉強ノートまとめアプリ「Clear」に「代ゼミ講師が教えるノート術」を6月18日より公開しました。
     
    「Clear」は学生が自分の学習成果であるノートを学生同士で共有するためのプラットホームであり、学生自身が学ぶ側の論理や立場で作成したノートを公開し、お互いに活用できる点に大きな特徴があります。
     
    一方、「授業のプロ」である講師にとっても、このようにノートを取り、効果的に学習してほしいという思いがあります。そこで、代ゼミと提携し「教える側が期待するノートとその作成術」を公開することにいたしました。学ぶ側とは異なる視点からのノートづくりの手法も、学生であるClearユーザーの皆さまにとっては興味深く、参考になるはずです。

  • 2016/05/20

    【Clear】朝日新聞記事をClearで配信します

    株式会社 朝日新聞社様、株式会社 朝日学生新聞社様と業務連携し、Clear内で記事を配信します。
    全国誌の中で朝日新聞は大学入試における記事利用数が1位であり、また朝日学生新聞には勉強に役立つ記事が多く、Clear内で配信することでユーザーの方々の学習をサポートできると考えられます。
    2016年5月20日から2016年6月19日までの期間限定での配信です。ぜひご覧ください。

    https://www.atpress.ne.jp/news/101290

ニュースリリース