• HOME
  • ニュースリリース

ニュースリリース

  • 2016/11/22

    Z会グループ・朝日学生新聞社との資本業務提携締結のお知らせ

    アルクテラス株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:新井 豪一郎、以下 アルクテラス)は、株式会社増進会出版社(本社:静岡県駿東郡、代表取締役社長:藤井 孝昭、以下 増進会)および株式会社朝日学生新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:脇阪 嘉明、以下 朝日学生新聞社)と資本業務提携を行います。アルクテラスのノート共有アプリClear(以下、Clear)内で受験生向けにZ会グループと朝日学生新聞の教材と情報を活用した学習サービスを提供し、受験生の志望校合格をサポートします。

    【各社の強み】
    アルクテラスはアダプティブラーニングの理論、テクノロジー、運営する教育機関の現場から得られる知見に基づき、個々の学習者にとって最適な学習体験を提供しています。Clearは自分の手書きノートを公開したり、他のユーザーが公開したノートを使って学習したりすることで、楽しく効果的に学ぶことができ、学習アプリとして日本屈指となる100万を超えるユーザー数を獲得しています。
    Z会グループは、「最高の教育で、未来をひらく。」というグループ理念のもと、通信教育、教室、書籍、模擬試験、アセスメント、ICTを使った指導サービスまで、幼児から大学生・社会人に至る幅広い年齢層に提供しています。
    朝日学生新聞社は、朝日中高生新聞、朝日小学生新聞を発行し、学生向けにニュース解説、受験勉強に役立つ記事、キャリア教育記事などを提供しています。国内で学生向けとしては発行部数の多い新聞社の一つです。


    【資本業務提携の概要】
    Z会グループとの業務提携では、Z会の学習コンテンツをアプリ内で解くことのできる学習サービスをClear内で提供します。個々のユーザーの学力レベルに合わせて問題を提示すると同時に、不明点はClearのノートやQ&A機能で解決することで学習のモチベーションを向上します。
    朝日学生新聞社との業務提携では、同社の持つ学習方法や受験問題等に関する情報をClear内で配信し、学力向上と受験勉強をサポートするサービスを提供します。適切な情報を見やすい形でまとめて、志望校合格を応援することを目的としています。
    両サービス共、2017年4月以降の提供開始予定です。
    またアルクテラスは、今回の業務提携に合わせてZ会グループの増進会と朝日学生新聞社を対象に1億1千万円の第三者割り当て増資を行います。


    【提携の背景】
    100万人を超えるユーザー同士が積極的に学び合うClearの学習コミュニティとZ会グループおよび朝日学生新聞社の教材とコンテンツを組み合わせることで、自発的で質の高い学習体験を実現することが可能になります。効果的な学習を通じて世界で活躍できる人材の育成に貢献することを目的に業務提携を締結することとなりました。


    【Clearの今後の計画概要】
    Clearは現在、日本、タイ、台湾、中国の小中高大学生約120万人に楽しく効果的な学習体験を提供しています。
    今後、アジアを中心に提供国を増やすと同時に、今回の日本国内での資本業務提携による実現する学習サービスの形を他国にも応用していきます。

  • 2016/06/17

    【Clear】代ゼミ講師のノート術を「Clear」で公開します

    アルクテラス株式会社は学校法人高宮学園 代々木ゼミナール(本部:東京都渋谷区/理事長:高宮英郎/以下、代ゼミと表記)と提携し、勉強ノートまとめアプリ「Clear」に「代ゼミ講師が教えるノート術」を6月18日より公開しました。
     
    「Clear」は学生が自分の学習成果であるノートを学生同士で共有するためのプラットホームであり、学生自身が学ぶ側の論理や立場で作成したノートを公開し、お互いに活用できる点に大きな特徴があります。
     
    一方、「授業のプロ」である講師にとっても、このようにノートを取り、効果的に学習してほしいという思いがあります。そこで、代ゼミと提携し「教える側が期待するノートとその作成術」を公開することにいたしました。学ぶ側とは異なる視点からのノートづくりの手法も、学生であるClearユーザーの皆さまにとっては興味深く、参考になるはずです。

  • 2016/05/20

    【Clear】朝日新聞記事をClearで配信します

    株式会社 朝日新聞社様、株式会社 朝日学生新聞社様と業務連携し、Clear内で記事を配信します。
    全国誌の中で朝日新聞は大学入試における記事利用数が1位であり、また朝日学生新聞には勉強に役立つ記事が多く、Clear内で配信することでユーザーの方々の学習をサポートできると考えられます。
    2016年5月20日から2016年6月19日までの期間限定での配信です。ぜひご覧ください。

    https://www.atpress.ne.jp/news/101290

  • 2015/11/26

    【Clear】Clearのノートが書籍化されます!

    Clearの中の人気ユーザーみいこさんのノートが書籍化されます!

    「神ノート職人みいこの 化学基礎と生物基礎のまとめノート」 
    みいこ(著)、アルクテラス株式会社
    出版:KADOKAWA

    12月10日(木)発売。

    Amazonで先行予約も開始しております。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4046012773

     

    みいこさんによるノート作りのポイントはこちら。(Campusノート x Clear 共同イベントより)
    http://39campus.jp/event/clear.html

  • 2015/11/16

    【Clear】webアプリをリリースしました!

    iPhoneアプリ・Androidアプリに加えて、Clearのwebアプリをリリースしました!

    https://www.clearnotebooks.com/notes/top_notes

    PCの画面でもノート見ることができるようになり、より勉強しやすくなりました。
    機能も追加してさらに見やすく、使いやすくしていきます。

    引き続き応援をよろしくお願いします!

  • 2015/11/04

    【雑誌掲載】日経トレンディ2015年12月号に掲載いただきました

    日経トレンディ2015年12月号「必見スタートアップ20選」に「スマ勉時代の学習サービス」として掲載いただきました。
    引き続き世界一の学習サービスを目指して運営してまいります。

  • 2015/07/04

    【記事掲載】資金調達についてTech系メディアに掲載いただきました

    アルクテラスのシリーズA資金調達について、Tech in Asia、Tech Crunch, The Bridgeに掲載いただきました。

    Tech in Asia記事
    https://www.techinasia.com/japan-arcterus-clear-notebook-sharing-series-a-funding/


    Tech Crunch記事
    http://jp.techcrunch.com/2015/06/24/150624arcterus/

    The Bridge記事
    http://thebridge.jp/2015/07/notes-sharing-education-platform-clear-gets-funding

  • 2015/06/24

    資金調達のお知らせ

    弊社は、スターティア株式会社、株式会社電通デジタル・ホールディングスが運用する電通デジタル投資事業有限責任組合、BonAngels Venture Partners, Inc.(本社:韓国、以下「Bon Angels」)、他から総額1.3億円の資金調達を実施したことをお知らせします。
     
     
    ■資金調達の目的
    アルクテラスは、Adaptive Learningの理論に基づいて、ITを活用した学習サービスを提供しています。今回グローバル展開を加速する「Clear」は、学生が自分の作った手書きノートを公開したり、自分の学習している分野の多様なノートを使って学んだりすることで、楽しくかつ効果的に学ぶことができるユーザー体験を提供し、全国50万人を超える中高生から支持を集めています。
     
    スマホの普及とともに、スマホを使った勉強(通称「スマ勉」)が日本だけでなく、グローバルに浸透し始めています。今後は世界の学生や社会人にスマ勉が定着することが予想される中で、アルクテラスは各国で勉強ノートをデータベース化した「Clear」を使用した楽しく効果的な学習体験を提供することを目指しています。今回の資金調達は、グローバル展開と機能強化を加速させることを目的としています。
     
     
    ■アジアを中心としたグローバル展開の展望
    グローバル展開の具体的な提供先として、2015年は東南アジア、アジア各国、2016年は北米、南米への展開を計画しています。東南アジアでは特にインドネシア、タイ、フィリピン、マレーシアに重点を置き、アジアでは特にインド、韓国、台湾に重点を置いて展開をする予定です。既に2015年4月にタイでリリースし、ユーザー数と公開ノート数の成長が加速し続けています。
     
    スターティア株式会社は東南アジアを中心としたグローバル展開および一部技術開発のパートナーとして、株式会社電通デジタル・ホールディングスはメディア開発・マーケティング・PRのパートナーとして、Bon Angelsは韓国へのサービス展開のパートナーとして、資金提供以上の強力なシナジーを見込んだ資金調達を行いました。
     
    機能強化としては、公開ノートの質と量の両方を向上、個々のユーザーに最適化されたコンテンツ(公開ノート)の提供を重要な開発分野としています。
     
     
    ■勉強ノートまとめアプリ「Clear」について
    「勉強ノートのSlideShare」という言葉で表せるように、勉強ノートを公開、閲覧できる学習プラットフォームです。ユーザー一人ひとりに最適化された学習コンテンツを提供し、楽しく効果的な学習体験を実現することを目的として開発、運営しています。アルクテラスでは自分の学習スタイルやレベルに合ったコンテンツで学習することでパフォーマンスを最大化できると考えています。
    アプリ提供開始後1年間で50万ユーザー以上を獲得、3万冊以上の公開ノートを蓄積しています。ユーザーの多くは中高生で、「Clearを使って勉強のやる気が出た」「勉強に対する心理的なハードルが下がる」という声を頂いています。
     
     
    <現状の主な機能>
    (1) ノートの公開、閲覧機能
    (2) 著者のフォロー機能
    (3) ノートへのコメント機能
     
    上記に加えて、今後はユーザーの学習スタイル、レベル、重点分野を把握し、各ユーザーにとって優先度の高いコンテンツを提供する機能を開発・実装する予定です。
     
     
    ■学習個性式指導ツール「カイズ」について
    「Clear」と同様にAdaptive Learningの理論と機能を背景に持ったクラウド型の教育サービスです。学習塾の講師は、生徒の学習スタイルを分析・把握し、その学習スタイルに合わせた指導ツールと教材を提供することが可能になります。
     
    今後はスマホ、タブレットを活用して、学習スタイル別指導ツールを提供すると同時に、学習データを収集分析することで更に生徒一人ひとりにアダプトした学習体験を提供予定です。また、データベースを「Clear」と共有することにより両サービスによる個々のユーザーへの最適化を促進します。

  • 2015/05/11

    【Clear】とくダネ!-フジテレビでClearを取り上げていただきました!

    本日、フジテレビの情報番組「とくダネ!」のスマ勉特集においてClearを取り上げていただきました!
    番組の中でユーザーさんにもコメントしていただいたように「分かった!」を Clearでは実現しています。

    「分からない」を解決することで勉強の楽しさをしってもらうことに成功し始めています。ユーザーさんたちからのフィードバックでは「Clearで勉強のやる気があがった!」「勉強に対するハードルがなくなった!」という声を多くいただいています。

    引き続きClearとカイズで教育にイノベーションを起こし続けていきます。

  • 2015/03/28

    【Clear】タイでのClearのリリースについて日経産業新聞に掲載いただきました

    タイにてClearのタイ語バージョンをリリースし、日経産業新聞に掲載いただきました。
    タイ語で書かれた公開ノートも続々と増えています。

    Clearで世界の学生たちの学習をスマートで楽しくしていきます!

  • 2015/03/14

    【Clear】読売新聞でClearをご紹介いただきました

    本日の読売新聞 日刊 教育面でClearをご紹介いただきました。
    受験勉強におけるノートまとめの大切さ、スマートフォンを使った勉強(スマ勉)の普及トレンドと合わせてClearを活用した勉強の浸透について掲載いただいています。

    私たちはClearとカイズを使って学習効果を高め、勉強の「分かる」楽しさを生み出していきます。

  • 2015/03/08

    【Clear】「行列のできる法律相談所」でご紹介いただきました

    本日の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列)で、北村弁護士にClearを熱烈におすすめいただきました!
    北村先生、誠にありがとうございます。

  • 2015/01/21

    【Clear】キャンパスノートとコラボ! 中高生の学習を促進する共同企画を実施

    アルクテラス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:新井 豪一郎)は、コクヨS&T株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:森川 卓也)が開発・販売するキャンパスノートの発売40周年記念活動とコラボレーションし、Clearの中高生ユーザー向けの共同企画を行います。
     
    image_revised.png
    ClearダウンロードURL(App Store/Google Play)
     
    キャンパスノート40周年記念サイト

     
    【企画概要】
    共同企画ではClearの中で100冊以上の優れた勉強ノートを公開し、いいね数累計ランキングで1位を獲得した人気ユーザーを講師として、「学習効果が向上するノートの書き方・作り方」について勉強会を行います。参加者にはコクヨS&T株式会社から、コクヨオリジナルの「LINEスタンプ」が付いたキャンパスノートが贈られます。
     
    開催日 :2015年1月25日(日)
    対象  :Clearを利用する中高生から抽選
    応募方法:アプリ内お問い合わせフォームから
         「学年」「氏名」「連絡先メールアドレス」
         「希望時間帯 (A) 13時~、(B) 14時~、(C) 15時~」を連絡
    場所  :コクヨS&T株式会社 東京オフィス ショールーム
     
     
    【共同企画の背景】
    Clearの中の公開ノート人気ランキング上位のユーザーの皆さまに対して、多くのユーザーからノートの書き方・作り方について質問が寄せられています。Clearを運営するアルクテラス株式会社は、Clearユーザーの学習を促進する機会を設けることを目的に今回の共同企画を行います。
    また、Clearにはキャンパスノートで作成された勉強ノートが数多くあります。コクヨS&T株式会社はキャンパスノートが今年で発売40年を迎えるにあたり、キャンパスノートユーザーへの感謝の意を示すと同時に、今後もキャンパスノートを長く愛用してもらうことを狙い、Clearとの共同企画に至りました。
     
     
    【今後の計画】
    企画の様子は、随時キャンパスノート40周年記念サイ( http://39campus.jp/ )で公開します。また、アルクテラス株式会社とコクヨS&T株式会社は今後もClearとキャンパスノート40周年記念のコラボレーションをテーマに継続的に共同企画を行う予定です。
     
     
    【Clearの概要】
    Clearはアプリ内で他のユーザーが公開した8,000冊以上のノートを勉強の参考にできるアプリです。ポケットに収まる勉強ノートの大規模データベースとして全国の中高大学生20万人以上に活発に使っていただいています。
     
    (1) 公開ノート機能
    教科別タブ、ランキング、検索から自分が必要とするノートを見つけて分からない所や復習に活用できます。また、自分のノートをClearの中で公開することができます。
     
    (2) フォロー機能
    気に入った公開ノートの著者はフォロー。著者が新しいノートを公開するとタイムラインでお知らせします。フォローリストをタップすればお気に入りの著者のノートを手早く開くことができます。
     
    (3) コメント機能
    公開ノートを見て質問や指摘がある場合などは、コメント機能を使ってコミュニケーションができ、分からない所を解決することが可能です。さらに、ポジティブなフィードバックをしたり、励まし合ったりすることで意欲を高めることにもつながります。
     
     
    【Clearアプリ詳細】
    価格  :無料
    動作環境:iPhone 4/4S/5/5c/5s/6/6 Plus、
         iPod touch、iPad(iOS 7.0以降)、
         Android OS 4.0以上 ※一部端末を除く

  • 2014/12/27

    【Clear】朝日新聞デジタルに掲載いただきました

    本日12月27日(土)、朝日新聞デジタル「受験ニュース」欄でClearの記事を掲載いただきました。

    http://www.asahi.com/articles/ASGDV5J33GDVUEHF01C.html


    Clearが高校受験生、大学受験生のお役に立てれば幸いです。
    今後ともClearをよろしくお願いいたします!
    https://www.clearnotebooks.com/
     

  • 2014/11/27

    【Clear】Startup Asia Jakarta2014で2位を獲得しました

    Startup Asia Jakarta 2014のピッチバトル(2014/11/27)で2位を獲得しました!

    Startup Asia Jakarta記事
     
    応援してくださっているみなさまのおかげです。
    これからも更にClearを進化させて行きます!

  • 2014/11/05

    【Clear】鹿児島テレビ ゆうテレ(11月4日)で放送頂きました

    11月4日、鹿児島テレビ「ゆうテレ」でスマ勉をテーマにClearについて放送して頂きました。
    ゆうテレのサイトはこちらです。
    http://utele.ktstv.net/

    引き続きClearの進化を続け、Adaptive Learningを追求してまいります。

  • 2014/11/03

    【Clear】産經新聞朝刊(11月3日)にClearの記事を掲載頂きました

    本日11月3日(月)、産經新聞朝刊で「スマホで勉強効率化」というテーマでClearについて記事を掲載頂きました。
    Webサイト「産経ニュース」でも同記事を掲載頂きました。
    これからもClearをよろしくお願いいたします!
    https://www.clearnotebooks.com/

  • 2014/10/31

    【Clear】日本e-Learning大賞2014 経済産業大臣賞を受賞しました

    弊社の開発・運営するClear-勉強ノートまとめアプリが日本e-Learning大賞2014 経済産業大臣賞を受賞しました。
    http://www.elearningawards.jp/e-learning.html

    関係者の皆さまのご指導とご支援の賜物であると存じます。
    引き続きアルクテラスとClearをよろしくお願いいたします!

    以下、Clearの経済産業大臣賞に関する講評です。

    ■ 経済産業大臣賞- アルクテラス株式会社
    「Clear -勉強ノート共有プラットフォーム-」
    「勉強ノート共有プラットホーム」は学生が自分で学習した結果であるノートを共有するものである。教科書や教材が教える側の論理で作成されるのに対して、ここで共有されるノートは学ぶ側の論理や解釈で作成される、いわゆるCGMである。同じ内容でも様々な解釈や表現が可能であり、多様な学生の多様な解釈は、個々人の学生にとっては非常に有用であり、自分が納得できる解釈を検索することにより理解が容易になる。ノートを提供する側は、自分が自分のために苦労して作ったものを公開することにより、他人から感謝されることで学習意欲が高まる。このようにこのプラットホームは学生同志の教え合いをICTの活用により強化拡大したもので、多数の学生が参加することにより、その効果が指数関数的に高まる。プラットホームの提供者によれば、口こみだけで急速に拡がっているということであるが、その現象は起こるべくして起こっていると容易に想像できる。一人一台タブレット時代を前にこのようなユニークなツールが利用者の支持により急速に広がっていることが、このノート共有空間の周辺で様々な連携サービスの創生を促すなど新たな事業発展の可能性として期待される。
     

  • 2014/09/15

    【Clear】Echelon Thailand 2014に参加します

    アジアの大規模スタートアップイベントEchelon Thailand 2014でExhibitorとして選出され、2014年9月18日-19日に参加します。
    日本国内で勉強ノートのYouTubeとして中高大学生に好評いただいているClearをアジアの皆さまにも知って頂いてきます!

    Echelon Thailand 2014について
    http://e27.co/echelon/thailand/

    主催者e27記事
    http://e27.co/echelon-thailand-check-exhibiting-startups-20140903/



  • 2014/09/08

    【カイズ】TechTarget Japan EdTechフロントランナーに掲載いただきました

    学習個性式指導ツール カイズについて取材いただき、TechTarget Japan EdTech フロントランナーに掲載いただきました。
    教育現場の視点、技術的視点で分析していただいた記事です。
    今後もカイズを通じて教育現場でのAdaptive Learningの実現を追求してまいります!

ニュースリリース